英雄伝説 閃の軌跡 攻略データ

ATバトルシステム

ATバトル参考  シリーズお馴染みのATバトルシステムは閃の軌跡でも健在。戦闘中に画面左上に表示されるATバーの行動順に従って、自分、仲間、敵が行動し戦闘が進む。
 キャラクター(顔)がATバーのトップに来たらそのキャラクターが行動できる。つまり、どのキャラクターが何番目に行動できるかを目で確認できる。行動順を頭に入れ戦略を練りながら戦闘を楽しもう。
 また、今作でもATボーナスの概念があり、ATバーの顔の隣にボーナスマークが出れば、行動時に様々な恩恵を得ることができる(体力回復やCP回復、攻撃力UP等)
 ボーナスは敵にも適用されるため、回復ボーナスやクリティカルボーナスには要注意



戦術リンク機能

 今作での新機能「戦術リンク機能」
 仲間同士でリンクすることによって強力な連携技を繰り出すことができるのが特徴。
 前作でも仲間と強力して攻撃する「コンビクラフト」があったが今作の戦術リンク機能は少し違うようだ。
 特定の仲間と「リンク」状態にしておくことで、補助効果を得られるリンクアビリティや、戦闘回数を重ねてリンクレベルがアップしていくなどの新要素が盛り込まれている。
 リンクアビリティには、仲間をかばったり、敵に止めを刺す効果があったりなど様々。
 テイルズオブエクシリア1,2にも似たような「リンク機能」があるので、プレイしたことがある方にとっては想像しやすい。


戦術オーブメント

 軌跡シリーズお馴染み「オーブメント機能」は今作でも健在。今作の戦術オーブメントは「ARCUS」と呼ばれる。
 初見の方にとっては、慣れるまで時間が掛かるが慣れてしまえば、その組み合わせの豊富さで戦闘スタイルを自由に変えることができる。今作でも、基本的な機能は同じで、オーブメント中央には“マスタークオーツ”を組み込め、その周囲に複数のスロットがあり、様々なクオーツをセットできる。クオーツにはそれぞれの属性があり、その組み合わせ方によって戦闘中に発動できるアーツ(魔法のようなもの)が変化していく。
 またクオーツの種類によっては、キャラクターの基本ステータス(攻撃や防御など)にも影響を及ぼすので、単にアーツ一辺倒で組んでいくとは限らない。


攻撃属性

 今作では、地・水・火・風・空・幻・時の属性以外に[斬][突][射][剛]の4属性が加わる。前者は、恐らく今迄通りアーツの属性になり、後者は、武器やクラフトでの物理攻撃における属性だと思われる。これらの属性はキャラクターによって、得手不得手があるので、それらに合わせて戦闘スタイルを考えよう。例えば、主人公「リィン」は [斬]…S [突]…無 [射]…無 [剛]…無 となる。適正が全くない場合もあるので、[斬]耐性がある敵にとっては非常に苦戦するだろう。強力なボス戦には、これらの要素を加味してパーティーの編成を考える必要がある。